Img_4eba9b9faf6d6891cc6f105700e55618
最近編み物の話しかしないのは現実逃避をしているから。
ということかもしれません。

ただ、一目、一目、編んでいく作業はとても心が落ち着き、
何事も学ぶことがある。
という言葉を思い出します。
Img_6056daa6036cf47e9fc216a800234678
最近編み物にはまっています。
元々編み物は大好きで、小学生の頃からどうにか頼み込んで母に教わりながら編んでいました。
今は棒編みが多いけれど、かぎ針ももちろん。
レース編みも大好き。
夏はタティングレース。

で。
去年の年末に改めて初めてのように"毛糸だま"の雑誌を立ち読みして一目惚れした膝掛け。
結構大きい大作です。
("氷柱"という作品)
ブリオッシュ編みという、イギリスゴム編みと呼ばれる編み方。
最初は特徴的なブリオッシュの編み方が全くわからず、何回ほどいたことか・・・(涙)
ネットをまわり、編み方やblogを読みあさり。
すると、みなさんのいう通り”わかったらすごく簡単で楽しい!”

説明するのが難しいのですが、二本の糸で編むことによって、リバーシブルのふかふかな生地が出来上がっていくイメージです。
ブリオッシュ編みは色んな模様を作り出せるので、また違う作品も是非挑戦してみたい・・・♪

**

そして一昨年からはまっているくつ下。
きっかけはこちらの本を買ってから。

つま先から編む かんたん、かわいいくつ下 (Handmade Life Series)



大内いづみ
新星出版社
売り上げランキング: 29,651




Img_6ace57e1e4c8a8fa6cf5f13f9482151a
Img_0948ae52264e49323d906fe45e0f3bbf
Img_88e4d42718ae746beddf247cd51cdb16
他にもあるのだけれどとりあえず。
(しかも、ブロッキング前だからちょっとふにゃふにゃ写真)

難しいから手を出さないぞ!
と思っている手袋についで難しそうだったくつ下なのですが、
ものすごく、簡単。
こちらの本の"輪針2本"で編むのがポイントです。

輪針って帽子編むくらいしか使ったことがなかったのですが、
2本使うことによって、どんな小さな輪でも簡単に編める!
ことに目がウロコ。
(今はマジックループその他にもはまってますが、マニアックなので省略)



片方の輪針を休ませている間に、もう片方でかかとを作っていきます。
かかとを作り終わったら、また2本合わせて残りを編む。
シンプルで編みやすいです・・・♪
この本のおかげで、今まで棒針であったレシピにも挑戦することが出来ました。

靴下、楽しい・・・
あたたかいし・・・
ソックヤーン。
という靴下専用の糸があるのですが、これまたすっごく素晴らしいのです。
ソックヤーンを使えば、とっても丈夫でガシガシはけるし、洗濯機もok!

靴下の話、
毛糸の話は止まらないので、別にblogでも作ろうかしら。
このままここでもいいかしら?笑

***


長くなるので最後に一つ。
最近出会った編み物sns、"Ravelry"  (Click!) 
にとってもはまっています。

世界中のプロアマ問わずニッターさんが登録していて、
自分の作ったものをupしたり、編み図を公開したり、販売したり。
海外のすっっっっっっごく素敵なデザインを簡単に購入できるんです。

編み物好きな人は細かく作業するのが好きな人が多いのか、
使った糸、使った量、ゲージ、日付、細かい調整・・・その他とっても細々、各人が載せていて、
しかも一つのパターンも糸やデザインの微調整が素晴らしく、見ているだけで大興奮です。

私の周りに編み物友達があまりいないのでラベリーの面白さを語り尽くせる友達が欲しい今日この頃・・・!

Img_cad0f39c5b71c03d6795557afceae42d
ここに好きに文章や写真を載せることがとても楽しかったのに、
ここ数年ほとんど出来なくなってしまった。
原因としては色々あるのだが、小さな理由としてはベールのお店のHPと同じにしてしまったことかもしれない。

お店だからちゃんとやらなきゃ。
とか考えて。
"ちゃんと"
の意味はよくわからないままに、自分をしばっていたように思う。
語尾だってデスマス調でしか書けなくなっていたし、
語りかける文章なのか、独り言でいいのか・・・
そんなことを考えながらだから、多分、単純につまらなくなったのだろうな、と。
(なので、そこらへんはしばらく深く考えずいこうかと思う)


**

この5年ほど、たくさんのことがありました。
いや、もっと前から。

ここにきちんと書いていないけれど、芝居を辞める1年ほど前から病気になり、
わかっていなかった私はそれでも無理をし、芝居や仕事、全てを手放すことになったのです。
一時期は家からも出れず・・・いや、なんとか出たくて、発作を起こしながら一日一回は散歩に出たりして、それでも無理をしていた。
私の病名はパニック障害だが、そんな病名はわからないまま、病院もあっちこっち、内科や心療内科や神経科やなんだかチャンポンのように通っていた。

(話すと猛烈に長くなるので早足で)

自分の身に何がおこっているかわからないまま時はすぎ、
なんとか気の合うお医者様と出会い、
なんとか介護の仕事を始め、
資格をとり、
少しずつ働く日数を増やしていき、
踊りをはじめ、
ベールを染め始め、
・・・そして、やっと飲んでいた薬をやめることができた。

そして、3月で勤めている施設が閉鎖になることが決まり。

・・・せっかく発作がおきなくなっていたのに、最近具合が悪い!!!
辛い!
正直辛い!!!

petitで出来るのかわからないけれど、ここ、太文字の大文字にしたい!!!


介護というストレスフルな世界が療養が必要とされた私に適していたのかはわからないが、
私自身、利用者さん、そして心優しい同僚たちにどれだけ救われたことか。
でも、閉鎖。
もはや世間話をしにいって病室で先生と大笑いしているような私だったのだが、
退職というのはどうやらストレスが激しいものらしく、先生が頭を抱えていた。

パニック発作の恐怖、不安障害の辛さ、を、語りつくしたいところだけれど・・・
今はただ、昔みたいに家から出られなくなるのが怖い。
すごくすごく辛くて、自分との戦いで、やっと電車で遠出するのが怖くなくなっていたのに。
もう、仕事で利用者さんを送迎するだけで発作の予兆を感じ薬を飲むようになってしまった。
正直とても苦しい。
苦しくて苦しくて苦しくてたまらなくなるのだが、
多分この発作はなった人にしかわからない。

4月以降、どうなるのかはわからない。
が、今度こそ無理せず生きていきたい。

**


ということで、写真は仲良しの103歳の利用者さんがいつも折っている折り紙。
バラをどれだけ折っているだろうか。
この方は、人生の師匠のような方なのだが、
その話もまた、いずれ。

書きなぐりたかった、2月のある夜。
Img_4aa68fc4cee9e87a3b315caf2c5e145a
2016年もどうぞよろしくお願い致します

今年は喪中の為新年のご挨拶を控えさせていただこうと思いつつ、
その台詞は言っていいのかわからずグーグル先生に聞いてきた次第です。

2015年は本厄だったせいなのか、何なのか、
ものすごく様々なことがおこり、もう・・・!!
と、自分自身に怒りながら暮らしていたような気がします。

この度、5年ほど努めていた介護施設が閉鎖になることが決定し、
年が明けてからもバタバタしそうです。
ここ7年くらい、ずっと心身ともに低迷していたのですが、2016年は良い年になると言われ続けた2015年でした。

・・・ほんと?(笑)

内心期待しつつ、
努力を怠らないように頑張ります。

今年は、もう少し丁寧に努力したい。
様々なことを。




皆様にとって2016年がよい年でありますように。

Img_193a5ee16a6106e916651e162dee3241
Img_6424344d136814360570cf51bb582a1d
11/14(Sat)
素敵なダンサー三人に踊って頂いて、ベールの展示をさせて頂くことになりました。
もはや展示というより、世界観を作る舞台美術として、
ダンサーを彩る小道具として、
皆様のお目にかかる素敵な機会になりそうです。

もしお時間ございましたら是非いらしてください。
会場の隅の方でこっそり私も楽しむ予定です。
是非話かけて頂ければ・・・♪