Img20081203095233
久しぶりにアンサンブル。
幸せ・・・(笑)
Img20081205004515
観光名所なお城にて。

**

紀伊國屋の戯曲コーナーをあさる。
室内の暑さなのか、自分から発する熱が高いのか、コートを着ているには暑くなってくる。

そういう暑さってあまり好きじゃないけれど、暑がりの私にはとても近しい、日常的な感覚。

それでも、探す。
探す。

もしかして、これ、いいんじゃないか。
とか。

なんとなく、アンサンブルの譜面を探していた過去を思い出す。
あのころは、結構マイナーな曲でも、面白いのを掘り出してきた気がする。
そういえば、アレンジなんかもしていたな。

気がつけば日はとっくに暮れていて、
相談メールを送ったり。

候補曲、みつかったかも。
あ、曲じゃなくて、戯曲。

なんてぶつぶつ言いながら、
明日からの計画を楽しく考える。
Img20081208003321
Img1b20081208003321
ちょっと脱線(というか、そろそろ日常写真に戻ろうかと・・・)。

信玄餅とともに頂きました。
おいしい!!

それにしても年賀状の季節ですねー。
仕事場が大忙しです。
個人的にも楽しいですが大忙しです。
今、友達のウェディングの年賀状をつくっているのですが、幸せそうな年賀状ほど、作っていて楽しいものはないと思っています。
よいものができますように!そして、お二人もみんなも、よい年になりますように。
Img20081208004240
狂ったように咲くイチョウの葉。
Img2a20081208004240
そして夕暮れ。

楽器とカメラを持って町を疾走。
途中図書館に行って、某戯曲を入手。

ニヤニヤしながらイチョウを撮る。

**

本日は(も)、女三人会議でした。
もそもそと、でも確かな足取りで、とある計画が進行中です。

夕暮れ時に、集合。
Img3a20081208004240
Img3b20081208004240
ワクワクしながら、
充実した面持ちで会議は終了。

もう少し、もう少し煮詰めて、早く決定させて大々的に宣伝したいです。
そんな、わくわくする計画進行中。

**

ちなみに2枚目は、豪華マカロン。
なんと中身は、
白トリュフ・フォワグラ・黒トュフ。

・・・恐るべし、マカロン。いや、ピエール・エルメ (Click!) 
Img20081212145052
久しぶりに、人前で楽器を吹く。

いや、正確に言うと、
クラシックを吹くのが久しぶり。

久しぶりな私に、
あたたかいアドバイスをくれる先生。
先生と久しぶりに話せてよかった。とても、とても、励みになった。

やさしい先輩方、
初めて・久しぶりに会う後輩たち、
そして、学生時代からお世話になっている、素敵なピアニストさん。

雨の中聴きに来てくれた仲間達。
これなかったけれど途中まで来てくれたKっしーさん。(自転車で2時間も・・・ありがとうございます!!)

そんなこんなな、幸せな一日。

今年の、”演奏会出るぞ”っていう目標が、滑り込みで達成できてよかった。
来年は、2回くらい出たい。
で、慣れてきたらもっともっと楽器吹きたい。
(もちろん、芝居の稽古が今の私には優先ですけど)

上手くなくていい、
キラリと光る何かを持った、
できれば、聴いている人に何か残せる音楽家になりたい。

Img20081212145805
Img1b20081212145805
今、吉祥寺のルーエ (Click!) という本屋さんで、仲良くしていただいています、詩人白井さんが関わっている展示が行われています。
白井さんのHP→無名小説 (Click!) 

サルビア (Click!) というデザイン会社?の、”サルビア手づくり通信”のフェアです。

サルビアは、雑貨好きの方なら、「見たことある~!」
ってきっと思うはず。
オンラインショッピングの商品がみんな惹かれてたまらない・・・

雑誌や本、そして白井さんの詩集が置かれています。
こころがほんわかしてきますよ。

お近くにお寄りの際は、是非!!

**

ものすごくこういうの撮るの下手なのですが・・・
左:白井さんの詩集2冊。
右:個人的に大好きな、ルーエの袋とブックカバー。

Img20081212150607
やーーーっと、フェルメール展へ。

あああああ。
本当は空いているうちに、行きたかった。
エディンバラに行く前から計画していたのになー。
Img2a20081212150607
Img2b20081212150607
朝一でいったのに、すごい人!
帰るころには、入場40分待ち!!

中もものすごい人、人、人・・・・
だけどのんびり見る私。
背が高いからか、すすすーーっと人波を上手いことさけて観れた気がする私(自画自賛)。

**

関係ないけれど、動物園に久しぶりに行きたい。
誰か、一緒に行きません?(笑)
Img3a20081212150607
ということで、珍しく母と。

**

お金がないのに、美術館のポストカードって、どうしてこうも買ってしまうのだろう。
自分の分と、出す分と・・・。
Img20081217173211
うわーーーい!!

ちょっといろいろお手伝いさせて頂いていた方から、お礼にクリスマスリースが♪♪
いやーーー豪華豪華。
仕事先で母から届いたよ。っていう、画像つきのメールがきたのですが、あまりに嬉しくて仕事先で小躍りしていました(笑)
母もすごく喜んで、帰ったらさっそく玄関先に。

しばらく帰宅するごとに暖かい気持ちを味わえそうです♪

**

ところで14日は、一緒に某Eディンバラまで行ってくださった、
金春流シテ方能楽師の山井綱雄さん (Click!) の「山井綱雄之會」に行ってきました。

なんだか、一緒に過ごしたあの時間を思い出すと、こんな凄い方と本当に共演したんだろうか・・・と、疑問が(笑)
いや、凄くて・・・

本当に素晴らしい方々(人間国宝の方々も!)に囲まれて、見事に舞っていらっしゃいました。

もちろん見事にだなんて、私なんかが偉そうに言える言葉ではないですが。
この方のご紹介をさせていただくと、一言では終わらないです。
常に前を見、自分を見、何事も受容れられる素晴らしい方です。

またいつか共演できたらいいなぁ。
なんて、生意気にも思いながら・・・。
Img20081219133012
Img1b20081219133012
冬の空は、ちょっと薄味でさびしいけれど、
空気もしんとしていて、気持ちがよい。
Img20081219140705
Img1b20081219140705
なんと!
ロンドンの衣装家ハリーさんから、クリスマスカードが!!!

しかも、劇団員みんなとスタッフさん一人一人へ向けて。
もう、もう、さすがハリーさん!!(笑)

女優陣はいつもハリーさんにめろめろです。(勿論男性陣も大喜び)

一人一人違うカードで送ってくださって。。
勿論すべて手書き!!

稽古にいた劇団員たちの喜び写真もあるのですが、稽古着なので載せるのやめてみました(笑)
いやー。みんな顔がニヤケテイマス。

でもって、ロンドンのお世話になっている劇場のお近くに住んでいるお客様(日本人の女性の方)からも!
こちらの方は、以前いつのまにか私達の写真が使われていたロンドンの新聞(劇場の取材記事でした)をわざわざ送ってきてくださった方で、それ以来何かとお手紙の交換が続いています。

こんな風に、ロンドンのお客さん、スタッフさんとのつながりを感じるたびに、早くロンドン戻りたい!
と、思う私です。

まずは稽古稽古・・・不況の嵐ですが、助成金助成金・・・(笑)

**

日本では大手の団体しか取れない演劇の助成金。
イギリスだと、うちのような小さな劇団でもとりやすかったりします。
日本は分かりやすい芝居を求めるお客さま-----テレビや映画に出ている人が素晴らしいという考え----が多いです。
もちろん人によるでしょうが、それだけではない、と思います。

本当に面白いものは何か。
メディアでやっているものだけではなく、簡単に分かるものだけではなく、自分で感じ、考える。
そんな力がどんどんなくなっているようです。

(なんでこんな書き方かというと、うちのボスや先輩たちのうけうりだから)

もちろん、日本のお客様でものすごくファンになってくださる方々もいらっしゃいます。
ですが、ロンドンやエディンバラでの、
「面白いものは面白い」
というスタンスのお客様の反応を思い出し、懐かしくなる日々です。
Img2a20081219140705
舞台は生ものなので、
そういった観客によって日々芝居は変わります。
そして、そういったお客様によってもまれた芝居は、俳優は、成長が違います。

話はどんどん変わりますが。
歌舞伎には一幕見席というものがあります。
(銀座の歌舞伎座だけ??)

芝居通の席といわれ、好きな幕を何回も見る見巧者達に親しまれてきたそうです。
そしてイギリスで私達が観客に感じたことはそれに似ていて、
”好きな芝居には何回も足を運ぶ”
そして、その熱い眼差しに俳優達は育てられ、成長していく。
ということでした。

日本でもそうなったらよいな~
なんて、こっそり思いつつ(ということで、二回見るとお安いチケット販売システムを採用したりしているのですが)。
Img20081219142131
Img1b20081219142131
久しぶり、G-cafeへ。 (Click!) 
素敵な歌声&いつもおしゃれな某A嬢と。

実は27日まで、いつもお世話になっています舞台美術家ミニラさんの個展が開催中です。
ちなみに毎年恒例?”ミニカレンダー展”も同時開催中です。

うわーうわーーー
って叫びながら、堪能してきました。
店長であるIさんがつくってくださったホットワインの美味しいこと美味しいこと・・・♪

ほろよい気分で、カレンダーもしっかりGet!!

ミニラさんは度々日記に登場しますが、うちの小道具を作ってくださっている方です。
それにとどまらず、一緒に舞台で演奏したり・・・。いっつもいろんな面でお世話になっております。
小さくてとても素敵な方なのですが、なにぶん私がデカイため、二人並ぶとだいぶでこぼこですが、そんなところがなかなか取り合わせ的に良いのではないかと勝手に・・・(笑)

また舞台以外のことも一緒にできたらいいな。
と、こっそり思っています。
Img2a20081219142131
一緒に行ったA嬢もとても喜んでくれて、
二人で話が盛り上がり、そのまままた違うお店へ。

イギリスで飲んだおいしいドイツビールを捜し求め(名前覚えてないのですが、にごりビールで、B?かWから始まるおいしいやつだったのです)、結局違うの飲んだりなんだり、
江國香織の影響で好きな”レーズンバター”
を勢いで頼んで、ものすごくカロリー高そうだけれどおいしくて、わはははは。
と大笑いしてよい時間を過ごしたのでした。

いやー。
そろそろみんな結婚していってしまう年代に入りかけていますが、
難しいかもだけれど、こういう風にたまにでも飲めるといいなぁ。将来も。
(っていうか、自分の心配もしなさいよ。って感じですが。)

なんて考えつつ。
Img20081222004219
花を撮ろうと思ったけれど、
剪定したばかりと思われる枝のたくましさに心惹かれて、
思わずピントがそちらに。

の、一枚。

***

大好きで、尊敬しているHP
Me & Bitter Sweet London  (Click!) 
の、2009年のカレンダーが、なんと、なんと当たりました~~~♪♪
ということで、2008年の〆になんて幸せなことでしょう(笑)
今ものすごくうきうきしています。
2009年、幸先いいぞ(まだ2008だけどw)!

もしお時間ございましたら、是非リンク先に遊びに行ってください。
とても素敵な方が書いてらっしゃる、写真がとても素敵なHPです。
本当にオススメです!

**

あまりに嬉しくて小躍りしている私@真夜中の稽古場
そろそろ年賀状の追い込みの季節です・・・
頑張れ私!(笑)
Img20081229224223
忘年会@稽古場

今年も、たくさんのお世話になった人々がいて、
残念ながらこの日これなかった方々もいらっしゃったけれど、
ささやかながらのこの会、
楽しんでくださったのなら嬉しいな。と。
Img2a20081229224223
Img2b20081229224223
Img2c20081229224223
白菜のうまみを生かした鍋は、びっくりするほどおいしいのだ。
なんて、巨大白菜をわざわざ実家からおとりよせしたり、

いつの間にやら、ゆで卵を仕込んで持ってきたり、
(なぜか食紅で染め済み。ピ、ピンク・・・・・・・!)

白菜同じく、実家からお取り寄せ?の巨大しいたけに落書きするミニラさん(舞台美術家さん)がいたり。

そしてあっちもこっちも、
日英入り乱れ(笑)。
・・・いえ、みんな日本人ではあるのですけれど・・・。

エディンバラやらロンドンやら、そしてもちろん日本まで。
本当に、びっくりするほど様々なジャンルの方々が集まるもので、ものすごく、ものすごく入り乱れ・・・・・ているのですが、みんな笑顔で盛り上がれたのではないか・・・と。(そ、そうであって欲しいと)

改めて、なんて多くの方々にお世話になっているのだろうと実感。
私の一番よいと思っている、スタッフさん含め”みんなで作っている”という集団の空気をとても感じたのでした。

そのスタンスを忘れずに、感謝を忘れずに、2009年も過ごして行きたいです。
Img20081229225241
稽古終わりだもんねー。

なんて呑気に構えている私。

違う。

今日はクリスマスイブではないか・・・!(笑)
Img2a20081229225241
カメラがなくて、珍しく携帯カメラにて。
(色気のない構図やわー)
演出家を囲んで、突如始まったプチクリスマスパーティー。

約46cmのチョコケーキ、
7人で割って食べたけれど、
46cm以上の幸せを食べました。

はい。

こんな風に祝ったり飲んだりって珍しいから(打ち上げとか、スタッフさん歓迎の飲みなら多々あるけれど。)、なんだか身内だけの飲みってくすぐったい。

そんな素敵なイブでした。
Img20081229230510
明日で終わりのミニラさんの個展に駆け込み。(2回目だけど)
劇団員こっしーさんと。

ぼーっと、すごす。
ミニラさんの作品は、心にやさしい。

そして、むふふふふ。
と、次の企画について話し合い。
Img2a20081229230510
Img2b20081229230510
そして、新宿にて観劇DAY。
忘年会にも来てくださった、Edinburghで大変、大変お世話になったKさんと、同じくお世話になったしのさんのお芝居に。

一緒に観劇したKさんは、ロンドン在住の衣裳家で、ロンドンやらパリやらでご活躍中の素敵な女性です。
なのに!!
うちの劇団は恐れ多くも、衣裳・・・というより、”黒子”さんとして、一緒に舞台に出ていただいたのでした。

・・・いえね、最初は1ヶ月間、一緒に暮らして英語やらのお手伝いをお願いするつもだったのですが、これがうちの劇団の不思議なところ。
いつのまにやらあれもコレも・・・ということで、楽日には一緒にお客さんの前に出てご挨拶。
たくさんの拍手を一緒に受けることができた、大切な仲間です。

それを、嫌な顔一つせずに、”楽しんで”やってくださる、素晴らしい方です。
本当にバタバタで大変な公演だったのですが、それを一緒に笑顔で乗り切って、様々な面で支えてくださって、本当に助けられました。

また来月には海の向こうに戻られてしまいますが。
ロンドン?パリ?
また次の機会、一緒に何かを生み出すことができることを楽しみにしています。

ああ。
それにしても美味しいお酒を飲むことができました。
仲間達のおかげです。
幸せ~♪
Img20090101225510
始まりは終わりの同意語だ。

なんて台詞が何年か前の芝居でありました。

逆もまたしかり。
大晦日は、終わりと始まりがとっても近い場所にあるので、1日中なんだかそわそわする日です。
時計の針が合わさってしまえば、なんていうことはないのですが、
何かあるかも。
みたいな気持ちは、この年になっても毎年感じます。

2008年、本当に様々なことがありました。
正直すっごく大変だった。
と、通り過ぎた今、感じています。
そして、解決していないいくつかの出来事を2009年に持ち越しますが、きっと、よい方向に向かって行くのではないかと願っております。

きっと、
この2008年は、自分自身の血となり肉となり、
何年かして懐かしく思い出す事になるのだろうな。
と、思えてなりません。
そんな年でした。

poco a poco
2009年も、心に刻みながら生きていきたいです。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。