Img20091102113511
公演間近で、今日が何日か、何曜日か、全然わからない生活をしています。
稽古始まって、ろくに休憩もとらずに6時間くらい経過していたり・・・(いや、いつもはさすがに間に休憩はいりますけれど。)

今回はチャレンジが多いので、日々朦朧と頑張っています。
Img20091107015747
生きてます(笑)

無事、初日が終わりました。
びっくりするくらいのたくさんのことや、
もう、限界ぎりぎりの体力精神状態でボロボロだったのに、

でも、お客さまと出会うと、おかしなぐらい元気になれる。

そんなことを強く感じた1回目。
先は月末まで走り抜けます。
Img20091108010811
舞台にのっているときは、

生きてるなーーーーーーー

と、強く感じます。

それは、
明るいぱーーっとした意味ではなくて、
生きるか死ぬかの瀬戸際にいる感じがするので、
だからこそ、そう感じます。

そんなこんなで2日目終了。
明日も2ステージです。
Img20091109004641
久しぶりに出た地上は、すがすがしい。

秋が一年で一番好きかもしれない。
Img20091110021631


Img20091111133615
無事、第一期終了。

皆様、本当にありがとうございました!
これから一週間かけてまた練り直して、第二期でパワーアップした姿をお見せできるように頑張ります。

**

終了後、大雨。
うちの演出家は”超”のつく晴れ男なので、
ここまでずっと晴れだったことに感謝しつつ、終わったとたんの雨にびっくり・・・・
Img20091111234827
何週間ぶりかの休日。

実際はあと一週間でまた本番だし、
ここで気を抜いてえらいことになってもこまるし、
仕事的にはいろいろあるのだけれど、

でも休みって嬉しい!!(笑)
Img20091113151420
稽古稽古稽古

細かいところをさらに細かくしたり、
新たに増えたり、
うおーっと稽古中。
Img20091114013342
明日今回の出演者4人でラジオに出ます~

調布FMにて 10:30~
 (Click!) 

生放送ですが、後にインターネット上でも聞けるようになるみたいです。

大丈夫かな、私・・・
れろれろにならないように頑張ります。。
(自信なし・・・自分の担当ふられた場面の台本書いて行こうかな・・・)
Img20091115140150
うわーーーーーい!
不器用な私にしては、失敗しながらも上手くいった♪
と、喜びながらも、こういう小物が上手くとれず、何度も失敗し、結局へこみながらのとりあえずの一枚。
公演に関係するようなしないようなのキャラクターをつくって、
チラシの切手枠(チラシが切り取ると封筒になるデザインなのです)にさりげなく入れていた私。
いつのまにかいろんなところに登場させていて(勝手に)、
普段キャラクターものが好きではない私にしては破格の待遇の、
このすきま君。
1分でつくったのに・・・・・・・・・
と、思いながらも、この適当さがなんだか意外に一部に大好評(笑)。
というわけで、リクエストに応じてこっそり日曜工作。
気に入ってくださるといいなぁ。。
(猫は私じゃないですが、お気に入り。)
Img20091118014433
明日から、第二期始まります。

ちょっとドキドキして、
すっごくワクワクして、
嬉しい。

いろいろ悩んで悩んで、
いまだ悩み続けているけれど、
今回の公演のコンセプトのように、少しずつ、自分自身も進歩していく公演にしたいです。

(泥沼に頭まで使っているくらい落ちこんだりするくせに、ふとこんな気持ちになれてしまう芝居って、やっぱりすごいと思う。やはり、乞食と役者は3日やったらやめられないというのは本当かもしれない。)

**

今日、とある友達が予約をしてくれました。
旦那様と2枚分。
幸せな結婚式はまだ記憶に新しくて、
そしてなんと、その日は結婚記念日だそう。
思わず、「いいの!?」って聞き返した私(笑)
そんな私に、
「だからこそだよ!」
って、旦那様も楽しみにしているからって言ってくれて、
すっごく嬉しくなりました。

本当に、
どれだけ私は友達に、周りの人々に救われているか。
支えられているか、

というか、
みんながいるからこそ、好きなことをやっていられて、
そして、私のできる限りの何かでお返しをしたい。
と、思います。

そういうふうに思える幸せを、
ふんわりと、やわらかく感じる日々です。

**

写真は、この間カフェで買った美術家・昇平さんのイラスト。
昔の展示のDMに使っていたラフ?もしかして原画?

さびしそうな、
そうでないような、
影が好きです。

そして、この手でちぎったスケッチブックっぷりが(笑)
Img20091122005020
あと、3ステージ。

**

詩人の白井さんの展示会が始まります。
お時間ございましたら是非!
とってもとってもお勧めです。

「旧暦のある暮らし」展 by 白井商店 
2009/11/22(日)-11/28(土)
12:00-19:00 会期中無休
 (Click!) 

白井さんのHPはこちら
 (Click!) 

お忙しい中観に来てくださったのですが、
白井さんの感想ひとつひとつに逆に感動してしまいました。
私のほうが年下なのに、
その差をまったく感じさせない、
同じ目線で観てくださる方です。

ふんわりと、ここちのよい空気が好きな方におすすめ。
Img20091126135257
終了!!!

誰がなんと言おうと終了!!!

本当に本当に、ありがとうございました。
観て下さった方も、ご声援いただいた方も。

今回ほど、個人的にですが、
人に支えられてこそ出来た。
と感じられる公演は今までなかったのではないか。
と、思います。

本当に本当にありがとうございました。

例のごとく後仕事が多々ありまして更新が滞っていたり、
肝心のお礼が滞っていたり、
メールが非常に滞っていたり、
写真の整理もあれやこれややりたかったり、
友達のブライダルの手伝いにものすごくうきうきしていたり、
またまた友達の子供を撮りに行く約束したり、
年賀状シーズン突入だぜ!と、デザイン考えてうきうきしていたり、
オリジナルカレンダー作りたい!とか、
年末の演奏会出たい!!って間に合うのか・・・?

って頭いっぱいですが、
考えるだけで、未だぼーーーーっと、もうろうとしています。(笑)

少しずつ、(師走は例のごとく忙しそうだけれど)公演という特殊な期間から戻っていきたいです。


あ、一番は旅に出たい!!です。(広島と宮崎に行きたいのです)
Img20091126234148
次の日は相変わらず朦朧と。

ミラーマン。

今回は、ところせましといろんなところに”名前”が貼ってありました。
Img2a20091126235059
Img2b20091126235059
Img2c20091126235059
おかしな名前がいっぱい。

ごく一部ですが・・・・

タンバリン?
タリバン?

気がついた人はいるのだろうか。
Img3a20091126235059
Img3b20091126235059
終演後に配ったエコバック。

なんとなく言いだしっぺで、勢いで発注した私だったのに、衣装さんとSとーさんが一枚一枚、膨大な量を刷ってくださいました。(ごめんなさい・・・そしてありがとうございます。チケットと事務作業でいっぱいいっぱいだったのです。。)
おかげさまでお客様に大好評。

洗えるのです。
私も欲しい・・・余ったらいいな。。

**

久しぶりにデジカメで撮っていたら、
なんだか調子が狂いました。
難しい・・・なぜでしょう。
Img20091127041658
チェコフィルを偶然聴きました。
偶然・・・いえ、なぜか母がチケットをゆずってくれたので、突発的に聴きに行きました。

家から出なさすぎでずっと仕事して、
毎日考えすぎで朦朧として、具合悪くしていたのでたぶん様子がおかしいと心配されたのだと。。

**

(※以下、つぶやかせていただきます・・・読みにくいと思われます。すみません。)

田園と新世界。

ばっかみたいだけれど、
今までの楽器人生の記憶、におい、がものすごい勢いでおそってきて、
涙が止まらなかった。
それは、今このタイミングで聴いたからかもしれない。

すごい!
なんなんだ!

っていう、オケに対する気持ちももちろんだけれど、

たぶん、あの、演奏会というステージに立っていた自分、
たとえば、最初のAのチューニング、
そして、空気、
ハモリの幸せ、
金管のあのビリリと響く音、
弦の、あのやわらかくてもろい糸が合わさったような音、
決め所で更にあがってくる奏者の気持ち、

という、記憶のにおいが襲ってきて、どうしていいのかわからなかった。

そして、
終わったあとの拍手があたたかいのも心に響いた。
みんな、
奏者が全員出て行くまで拍手。

誰もいなくなって、でもぱらぱら拍手がしていたから、
わざわざ指揮者が出てきてくれて、
そうしたら、みんな帰ろうと立ち上がって出口に向かっていたのに、
その状態で熱烈な拍手。
なんだか心があたたかくなった。
チェコの人たちも、こんな市民文化会館なんて小さめなホールに来て、
サントリーとかの大きなホールよりいろいろ劣るけれど、
でも、暖かい観客の心は伝わった、
純粋な、「音楽を聴きたい」という気持ちは伝わったと思いたい。

「死ぬまでに絶対聴きたかったの」
「一生の思い出だわ」
って言っているおば様、おじ様・・・と、かなり年齢層が高めの、わが市の大人気の企画ものを楽しみに来ているだろう観客。
(うちの市のこの企画ものは、破格のお値段ですごい企画立てるから超人気なんです。)

プログラムにも、最初のアナウンスにも、”楽章間で拍手するな”や、
"曲が始まったら、プログラムなどは音を立てないように気をつけてください"
と、お知らせを(嫌じゃない程度に)徹底するこの企画。
そんないわゆる”そこまで慣れてない”観客が多い中、田園が終わったのかわからず困っているところを助ける指揮者。
嬉しそうに拍手する観客。
音を立てないように気をつけて気をつけて、楽章間がきたらあわてて堰をしたり、今のうち!と、気が抜けるのがわかる空気。
そしてまた始まる心地よい緊張。
(隣のおじいちゃんが、たぶん持病の堰をとっても我慢してて、一生懸命小さいペットボトルを飲んでごまかしながら、それでも集中して幸せそうに聴いていたのがすごくわかった。)
そんなに人数入らないホールなのに、とてつもない盛り上がりを、
それも、心からの拍手なんだ。と、他のホールよりも感じる拍手の音。

芝居も音楽も生ものだから、
普段チェコフィルが演奏しているだろう大きなホールではない空気(って、そんなことないかもだけれど、日本に来たら大きなホールが多いと思う)、
普段はクラシック聴かないけれど、だからこそ楽しみに集中して、本当に楽しもうとしている観客。
から生まれた今日の音楽は、本当に素晴らしいものだったと思う。



そして、
私は、
こんなにも人に感動を与えることができるのだろうか。
芝居で。
と、とても思った。

芝居は、拍手に反映しないものかもしれない。
だって、その場・・・というよりは、家に帰って、
そして後々・・・もしかして何年後かに、その人の記憶によみがえるものかもしれないから。たぶん。

だからかもしれない。
今いろいろ、うじうじ悩んでいるのは。

私はほめられたいのかもしれない。
拍手が欲しいのかもしれない。
お客さまの、心が知りたいのかもしれない。
心がゆさぶれた。
という証拠がほしい、感じたいのかもしれない。
だから不安なのかもしれない。
(注:うちの芝居は、特に日本だと、お客様に最後拍手をさせない(?)演出が多い。拍手禁止にしているわけではないけれど。カーテンコールなんて最近全然やっていない。)


音楽と芝居は似ているようで、似ていなくて、
最終的には同じだけれど、でも全然やっぱり違うのだ。
と、うじうじ考えながら、

(かといって、散々演奏会に出ていたあの頃は、終わったあとの拍手を受けている時間が何よりも苦手だった。矛盾している・・・。)


そんなときに今日、
芝居を観に来てくださった仕事先の上司の方が、
「チェーホフ買いましたよ」
と、メールをくださった。
すっごく嬉しかった。
それは、私が今回芝居の中でチェーホフの”ワーニャ伯父さん”を引用したものをやり、チェーホフの話をしたら、
読んだことないので、と。これも縁だから。
と、買ってくださったらしい。
役者冥利につきる・・・とはこういうことだろうか。
と、勝手に嬉しくなる私。
(私の芝居がだめだめだったら、チェーホフなんて小難しいだけ!って嫌いになる可能性もあるわけだし、役者の役割は重要だ。と、演出家に散々言われたばかりだったから)





そしてふと、
楽器吹かなきゃ。
と、単純に思ったのでした。


いまさら、
だし、
改めて、それを言う?なのですが。

3歳から音楽を始めて、
9歳からクラリネットを始めて、
そんな私の身に沁みたものを、もっと大切にしなければ、と。

それでも、珍しくいまいち踏ん切りはついていないのですが、
来月末に、今年も発表会に出たいな。と。

頑張ります。

**

そして今日は大切な友達の命日。
頑張るよ、私。
と、伝えたい。
Img20091128031507
楽しみにしていた、詩人の白井さん (Click!) の展示へ

「旧暦のある暮らし」展 by 白井商店 
2009/11/22(日)-11/28(土)
12:00-19:00 会期中無休
 (Click!) 

元製本所。の民家の一階を改装したギャラリーで、
ものすごく雰囲気が好きな場所でした。
傷だらけのコンクリートの床。
柱も文字が書いてあるのが見えて、美術家ミニラさんと、「いい!!」って大興奮(笑)

白井さんの素敵な雰囲気をしばし堪能。
そしてしっかりゲット・・・
Img2a20091128031507
美篶堂 (Click!) のみすずノート。マーブル染め。
 (Click!) 

こういうの、大好きで・・・大好きで・・・大好きで・・・(笑)
白井さんが実際に使われていたノートが置いてあって、
こういう風にノートを使いたい!と、影響されまくりの文房具大好きな私は、節約週間にも関わらず購入。。

家に帰ってさっそくお気に入りの万年筆で書いて楽しんでいます。
紙がとってもよいです。
そして小口のマーブルの美しさ。

本当は、谷川俊太郎さんの活版印刷で詩が入っているものもすごく惹かれたのですが、マーブルにやられました。

前から気になっていたのですが、お勧めです。
みすずノート。

思うことを日々つらつら書く私ですが、
これから毎日が楽しくなりそうです。

**

のち、
宮崎からお帰りなさいのミニラさんと、吉祥寺cafeめぐり。
なんともこそばゆい、おしゃれカフェをまわって、大満足。
フイルムで撮ったので、後にupします♪

**

ピリス(マリア・ジョアン)
ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007-09-05



最近、このCDばかり聴いています。
ものすごく、しんとした気持ちになります。

ショパンをこんなに好きになるとは思いませんでした。
Img20091129234335
Img1b20091129234335
ちょっとだけ思い出。

今回は”全部自分たちがやる”がコンセプトだったので、
音響も照明も、芝居の中で自分たちがやっていました。

簡易的なものでしたが、
ひいいいいいいい。。。
と、テンパる私。
難しいです・・・むしろ芝居より緊張したり。

音響の私の適当なデータづくり。
そして、照明のQシート。
プランはプロがやってくださいましたが、それをなんだか私がいじることが多かったので、
無理やりつくったオリジナルシート。

最終日までには、照明以外のきっかけや、雑務?がかかれた付箋だらけに。
Img2a20091129234335
Img2b20091129234335
そして、
終演後にとてつもない数の名前が書かれた紙にうもれて遊ぶ女子高生たち。


楽しかった~♪
Img20091201093116
我ながらお気に入り(笑)の名づけ@女子トイレ

**

これはフイルムです。
やっぱり楽しくてたまりません。

kodakを久しぶりに使いました。
なんとなくfujiの方が好みかも。。と思いつつ。
フイルムで全然色味が変わるなー。と、相変わらず適当写真の日々です。