Img_0476290ddf68bcc4cad57358e1d3c3a6396feee2
Img_ca4c5ef7cdbdc373937082c582842cbf8358bb80
輝いて、輝いて。


**


この曲、好きなのです。
心の中をこすらてるような。

感情をむき出しにされているような。

Img_f2be3380fe3704c0c452785b311f947f97add933
Img_bc6ffe28d9b99781b3d988cc0030d29e42462279
暑いので、涼しげな写真を・・・
なんて思ってみたはいいものの、そんな写真のストックがないくらい毎日暑いですね。

遠くにいる友人が熱中症で倒れた。とつぶやいていて心配だったり、
私自身、暑さに弱いのもあって今週は役立たず状態だったり。
へろへろでどうしようもない時に、代わりに店番してくれた某I君(ここ絶対見てないけれど)、
同じくへろへろな私を休ませてくれた優しい我が店舗の皆々様。
そしてそして、励ましてくださった方のあたたかさがなかったらやっていけないな。
と、思う日々です。
ここに書いてもしょうがないけれど、ありがとうございますと書きたい!

ありがとうございます。


日々感謝を忘れずに生きたいです。
Img_1918e9ca0e20424dc8530ef7fbe3012f2324cea2
毎日気持ちがいいくらいきれいな空なのだから、
ほーーっと見上げて深呼吸できたらいいな。
と思うのですが、すぐ忘れちゃいます。



"想像力だけが人を傷つける"

っていう言葉。
よく仲間と言い合っている言葉です。

勝手に誤解して、
勝手に傷ついて。
そして、相手(自分)を傷つける・・・

なんてことがないようにしたいのに、
どうしてもそこに流れがち。

先日、
久しぶりに仲間と話したら、いつの間にかそんな流れにはまっていたみたいで、
声を聞いたら安心して、誤解がするするととけて、涙が止まりませんでした。
いや、
ほんとなんで泣いてるんでしょう?
と、我ながら不思議で笑っちゃったのですが(笑)
(電話相手の某お方、ごめんなさい。)


何年も一緒にいて、
それこそ朝から晩まで泣いて笑って怒って喜んで、苦楽を共にしても。
情けないなー、申し訳ないなーーーー・・・
って思うけれど、
でも、血の通った人間だからしょうがないのかな。
とか、
でも、そこから簡単に話せば一瞬で分かり合えるのは、お互い信頼してるからかな。
とか、思ったり。


うだうだ考える季節、それが私にとっての夏なのかもしれない(笑)
(いや、身近な方々は、「お前、一年中うだうだ考えてるやん!」って思うかもしれないけれど。。)


**

言葉にできない感情が多すぎる。
だから芝居とか音楽とか、どうしても、何かしらで表現したくなるのかもしれない。
なんて。
Img_7d3fea787531898f92389ac4087e031d00caf120
Img_eef3777e7f7e0d8ebce6d31b7d1d0e7237b5c174
Img_90c58277f9e8fe5bdb96b11fe514342f176dacae
芝居をし始めてよかったな。と思う事の一つは、

"まな板の上の鯉"状態に耐えられるようになった事。


・・・表現が難しい。

はだかんぼうで舞台にすくっと、立っていられるか。
もちろん現実的に裸。ってのもそうだけれど、
気持ちを裸にして、お客さんの前に立つ。
っていうこと。(開放されている。という言い方をよく言われてたので、それと同じかもしれない)

とても苦しくて、
心に爪を立てて血を流すってこういうことか?
と、思うこともある。

けれど、それでも立っている不安に勝てたとき、とても嬉しかったし楽しかった。

(たとえば、友人たちは知っているが、私はなんでもなくても日常的に手が震える。緊張したら、びっくりするくらい震える。体のいろんなところが。病気・・・?ではないと思うけれど、覚えている限り小学校の時点でからかわれていたから、昔から。それはとても私の中でトラウマで、楽器を吹いているときなんて緊張とあがり症で、練習なんて意味ないのでは?とさえ思うくらいだったけれど、今はもう気にならない。あがるし震えるけれど。舞台でも震える。でも、それが私。笑われても、まあ、そうだよね。と思うだけだし、もう傷つきもしない。)



乞食と役者は3日やったら辞められない。
なんてことをよく言われましたが、そういうことかもしれない。と、思う。
楽しいから。だけではなくて。


Img_5b074ca0b6e2f21539c5192cfa6f8871f3025930
Img_ebff118aba424a5e29721751a472eae91d1a49c3
Img_2dab51e711cfd2d5a6a760973775289f285788bf
のーーーーんびり。
のーーーーーーーーーーーーんびり。
Img_62d077c9c949a3400290e2c562c24748a7637667
Img_dffa9e4f84b2347dc9200f53fd9bc77a35ea0fd7
Img_12e66b39be9d227dda5d9c720f456dcdcd1ce4b0
Img_f497b11f440e2c8804409a38ccfc3aa91c0d9502
われらがS先輩 (Click!) とM先輩が芝居をやってらっしゃいます。
わずかながら、ほんのほんの少し、お手伝いさせていただきました。
ご興味ある方は是非こちらから・・・ (Click!) 


S&M先輩には、とっても仲良くして頂いていて、
本当に、なんというか、ずっと苦楽を共にした仲間であり、
尊敬する、助けてもらった先輩であり、
家族のような、兄妹のような、
・・・と私が勝手に親しく思っている、
なんとも言えない、一緒に何かをやるのがとても楽しい方々です。

千秋楽まで、無事にかっとばす(笑)ことができますように。

**

初日を見て来て、
やっぱりとても刺激を受けて、
(それは今までとは270度くらい全然違う芝居なのだけれど)
とりあえず数日間はぼーっとしそうです。
Img_887bb888cae97f07e249f12533d933374713a274
Img_b819ca59bb5108f0767a3a8fd0b51901905bff49
Img_6421c4f075453361833b15aa494770a95c7b194d
勇気をもらって、
というか、そんな簡単な言葉で片付けていいのかわからないくらい、
どかんときた。
 (Click!) 

海の向こうで、不思議なご縁で、ひととき色んなお話を聞けた方。
またいつか出会えるくらいなアーティストになりたい。
なんて私は一発でファンになってしまって、blogをいつも拝見していた。
そんな方。

私の大好きな仲間達に読んで欲しい。
Img_dddcf6f57e6fbe71e38e1b1d76a711c56adcaa0d
久々に熱を出す。

最近こんなのばっかりですが、
寒いととたんに元気になるので、やはり暑さのせいかもしれない。

今日は、とってもよいことが1つありました。
感謝と幸せな日。
熱なんて吹き飛んでしまえ。
Img_ec637ff1a4ac91355f6cc1815ed163b2e93a3b52
ぼけぼけお許しを。
Img_d46a8de3bf45b34d9f317b0c016900fe739384d1
大丈夫、生きています。

と、ぼそっとつぶやき。

もう少し涼しくなったら、元気に動きだす予定です。



いつか、もっと広いそらが毎日見たい。
本当に大切なものを忘れないように生きていきたい。それって、単純なのになんて難しいんだろう。
Img_405d77bd33f826d58a9ae3d521aaaad12a5ecd03
Img_65b1ec8aac9503052918be7f91f80f96d343f8fd
Img_1457dc54e5897cc7a91bc3155fe6c17eec733dfb
今年の夏は、何もしていないと言えば何もしていないし、
でも、とてもいろんな大切なことがおこった。
そんな季節だった。

ここにはきちんと書いてないし、
というか、お世話になった人々にもきちんと話しきれていない状況で申し訳ないのだが、
今年は年明けからとてもいろんなことが起きた。
今年・・・というか、ここ数年の結果が今年にきたというだけかもしれない。



今、私はやっぱりいつもの通り中途半端なところに立っている。

学校を卒業して、改めて楽器というもの、音楽と対面したときもこういうところに陥ったが、
自分のやってきたことをすべて放り投げて0にできたらいいのに。
なんてことも考える。

0になんてできるはずないけれど。

そして、どんな方向にも行ける。
今までを考えないで、新しい世界を見よう。
というのはとても怖いし、情けないけれど"変化"が怖い自分がいる。
そして当たり前だけれど、やっぱり0になんて良くも悪くもできないな。
というのをひしひしと感じている。



私の周りの皆さまも、流れが変わったり、いろんな節目のような事があったりと、変化が多かったように思う。

そんな中で、自分の視線の先、矛先を決めなきゃと焦ったり、
流れに身を任せたりしていたけれど、
8月が終わるにつれて、私の中で一つ何か区切りがつくのではないか。

などという、全く根拠のない勘のようなものがある。
根拠がないのだけれど、多分いい加減、こっそり心が動きだして、何かわくわくすることをもう一度、
素直になって考え、見つけようとし始めるのではないか。と。思う。
それはどんな方向かわからないけれど。
やっと。

なんてことを、ここに書いていることが恥ずかしくなって来たので、
そろそろいろいろ、本格的にこっそり動き出しましょうかね、私。


焦るなよー
って言ってくれる人がいる。
見ていてくれる人、仲間、みんなに感謝。
Img_4ae3a8a272a9e6dab44a473efb2e62305f051b76
Img_fa8e794882936b57b69902d22724f4639b323ea5
写真は私にとっては娯楽。
って言葉が一番しっくりくるのかも。と、最近思う。

自分の中で、今はひとの評価をほとんど求めないものだから。

そこの枠からあえて出ずに、
自由に、死ぬほど自由に、
好きなように撮り散らかしているから。

良いのか悪いのかわからないけれど、
すごく楽しい。
ただ、それだけ。

(それをHPでじゃあなぜ出しているのか。というと、やっぱり人に見てもらいたいからなのかもしれなーと思うし、そうするとどんどん自分の中で矛盾が見つかってきてしまうけれども)