Img_bb8bcd84ac062e97d206b78b1d336ad33f94f592
Img_2ddac15987798ac48da4d81d3442a8f1a02d3ebe
やぶれたし、美味しそうにつくれないし、
やはり食べ物を撮るのは苦手だ。

って思ったのだけれど、

やぶれてるけれど、美味しかったし、
自分の好きなものって撮るの楽しいからいいじゃん。

って思ったのでのせてみます。



とろとろチーズ入りオムレツをいつか花咲かせることが夢なのに、
未だに出来ません。
フライパンの大きさに対して卵をケチって2個でつくるのもいけない気がします。
3個目をいれる勇気を誰か私に・・・
いや、まあ単に私の腕が足りないって話しなんでしょうけれどね。。
Img_801188947ea93ee5f5e38d9163290587032e0992
毎朝ふとんの上にどでんとのっかってくるので、
私は変な夢ばかりみるのです。


「夏はスマートなんだから!」
って最近いつも言ってますが、夏はシュッとしていてハンサム君なんですよ。
ホントニ・・・
Img_691d418ec2554d364913d0e3a32284eb88e36698
朝から大雨だったり、
だれかさんの誕生日だったり。

誕生日って自分のだとこそばゆくて、
「早く過ぎて!」
とか、
「誕生日を言わなければいけないような何か(お店とか)に行きたくない」
とか、
「今日は誰にも怒られませんように!」
とか(笑)、
思うのですが、
自分以外の誕生日だと単純にとっても嬉しいし、
むしろ広めたくなるのは私だけだろうか。


May this coming year be filled with joy and happiness!
Img_c59fdc7071f82f96acbcea3bac139a80394918ea
めずらしくデジタルにて。

きれいな光だったので、雨あがりの光の中で撮ってみました。
最近(無駄に)いっぱい製作中のシュシュ。
AVRIL (Click!) という糸屋さんできれいな糸を3本買って使ってみました。

最初は友達のため。だったのに、
喜んでもらえて嬉しくて、すぐ調子にのった私。

少しずつ、本のまねではなく、
糸もデザインも自分のオリジナルで作れるようになって来て、
喜んでもらえると、こそばゆいけれどとっても嬉しい。


**


前にも書いたけれど、
たとえば一目一目編んで行くということだけでも、
芝居に繋がっていくな、と改めて感じます。
芝居、なのか、音楽、なのか、自分・・・生きていくこと?なのかわからないけれど。

関係ないようで、全ては繋がっているんでしょうね。
もちろん写真も、言葉も、HPのささいなデザインひとつも。
そういうことって、いっぱいいっぱいになるとすぐ忘れちゃいそうになるけれど。


最近は、生活の中の小さなことも、はっと気が付かされることが多くて、
(今は
「勉強になるなー」
という感想よりも
「はっと気が付くこと。って楽しいな。」
なのだけれども、)

自分の感情が一目に表れていく様をみるのは、なかなか苦し楽しい。
Img_0e77a2273a5eaa31dd6572d4f4b17355cf83610d
続・デジタル。

最近はずっとAria⇒現像+プリント⇒家でスキャンだったので、
デジタルがすごく新鮮。

それにしても、ピントがなかなか合わないのはどうしてだろう・・・
(あああああ、ってイライラして、ピントはマニュアルで合わせる始末)

デジタルはいくらでも失敗できるからよいですね。
言いかえれば、
デジタルはいくらでも勉強できるからよいですね(笑)。
今更ながら、「いつも私って、ほぼ開放で撮りすぎだよなー」とか、
いろいろ試して楽しめています。

なんとなくかたーいイメージの写真しかとれなくて、
珍しくフォトショでちょびっと色をいじってみたりしています。
むむ。どうしたらいいのだろう。

(それにしても、こういう"ちょっと可愛い!"写真がこそばゆい。載せておいてなんですが。)


**


[こそっとお知らせ]

恐れ多くも、このHPサービスのpetit(通称プチ)の、
今月のオススメページに選んでいただきました。
恐れ多すぎて何事もなかったように、こそこそっとスルーしようかと思ったのですが、
(というか、スルーしていましたが)
カウンターがいっぱい回っててびっくりしたり、
メッセージいただいて嬉しくなって、
やっぱり感謝の言葉を載せておこうと思います。

他に素敵なページがいっぱいある中選んで頂けて、とても嬉しいです。
きっと今月のテーマに沿う形ということで・・・ということだと思うのですが、
単純に嬉しいものです。
ええ。PCの前で小躍りしちゃうくらいに(笑)

実際の知人、友人、そしてpetit、twitterなどを通して見てくださっている方、
そして何かの偶然で見てくださっている方。
見てくださるのがたとえ一回でも、
とても単純に嬉しいです。
ありがとうございます。


日々色々考えていると、
私なんかの写真や文を発表してどうするんだ!
って、HP辞めちゃおうかな。って思うときも多々あるのですが、
こういうとき、続けてきて、よかったのかも。
と、
ひとつの何か答えをもらえたように思えます。

"過ぎゆく日常の瞬間"
というテーマでの選出でしたが、
確かに、写真を撮る上で、そんな日常の隙間を撮っていけたらいいな。と。思うものです。


私の写真の腕だったりなんだったりはとても貧弱なものですが、
それでも、
ほんの少しでも見ている誰かに"揺らぎ"を与えられたらいいな。
なんて思います。
それは、写真、文・・・に限らず、HPに限らず、芝居に、音楽に限らず、ですが。
Img_e270dd95f2464055f40d250d76814b6286fc5c53
お風呂場って、結構撮りたくなる衝動が出てくる可能性が高い。
湯船に使っているとき、
壁についた水滴の美しさを見て、とか。

朝、休みの日に寝坊して悠々とお風呂に入ったとき、
きれいな光と空気と水蒸気が"うまいぐあい"に整ったとき、
猫が外に出るために扉をあけたとき、
とかとかとか...
Img_0be7d5ae380cad08a8ee3698dba95891c544b5e1
元気ないときに、ちらりと目に入ると、
とても元気がもらえます。

高校の時のパートの後輩達がくれたものですが、
人数の割合が私たちの方が多かったから結構大変だっただろうなぁ。

**

関係あるようでないけれど、
川端康成の千羽鶴が好きです。

初めて読んだ時、
日本語が美しいってこういうことか。
と、心から思いまして。
Img_f1f7adffdf4caa35b18c5760b7345aaee61b9269
Img_703a105bb6258c30380779613d4be6759afc23d5
Img_7efb928c3f046a76229c1eea3705c449f9014d92
昭和記念公園のイルミネーションを見に (Click!) 

今年初めて行きましたが、
広くてゆったりだし、混んでいる街中に見に行くよりいいんじゃないかなー?
と、個人的オススメ。
Img_283d2d0c64e13a3f008826a81b1b2199fe190cec
Img_afbbec41520d379593054c8d04ed696ef3f26321
Img_ed0d53ef1a79af131e4fd0ae729d04bb47f2b39f
それにしても、カメラ持っている人(三脚と高価そうなカメラのセット)の多いこと多いこと!!!
公園、ということもあるからゆっくりとれるし・・・ということなのか。

ということで私も、ラブラブ歩いているカップルとか、
仲良し家族とか、
おじいちゃんおばあちゃんを尻目に夢中でバシャバシャ(笑)

あれ、一緒に来た人どこいった?
と探したら、そちらも夢中であちこちで自由にバシャバシャ(笑)
自由な感じですごい楽しかったです。はい。
Img_f9b8e2ef0130055f30bf9304051448ba1ee95981
Img_732ddd4088dee2bac145ef3d8a12aab0605792c8
Img_b293950286c1b035787a08da3dea2d6ed4b69160
Img_c50c78be3c8e02394075e31c093e0a4aa3e57bb4
Img_b82dca17ff9cd0249d39a3c34675dbb1a0e0c200
某こっしーさんの壮行会+おかえりなさいAzusa!

ということで、阿佐ヶ谷の某ホルモン焼き屋さん (Click!) へ。
誰が集まるのかなー?何人来るのかなー?
って思っていたら、予想外にみなさま大集合。

あ、某ゲキダンの関係の集まりでございます。


許可を頂いたので、
珍しくメンバーの顔出しでお送りします(笑)
Img_85920f0b25c76d62e3a15e5bf1b03acb50c4d63a
一番美味しそうな、ぷりぷりのホルモンがのっていたときは食べるのに夢中だったっていう。

お肉が最近あんまりな私も、
美味しくって、めずらしく箸が進み...
Img_f945fb77c3fed4e3e64fd0000e1f1d9516fc9d9f
Img_507059450822fe209c0f59c6765264bbfda4643e
Img_8bff1ff186779be8eb89291864b05335f209f495
Azusaさんの手巻きタバコに興味津々。

私の周りは、タバコの値上げなんて関係ないぜ。って人が多い。
(theatreって書いてあるぜ!英国の劇場マッチだぜ。って、とりあえずミーハー心で撮ってみる)

(注:Azusaさんはイギリスで照明をやってらっしゃいます)



こっしーさんの壮行会のはずが、
俳優+スタッフさんの集団の支離滅裂さ(笑)。
みんな好き勝手。
でも、それがたぶんこの集団らしいんだろうな。
みんな自我が強いし、
がしがし+声を大きくをしないと、中々何かが通らない気がする。

そう。
最近の私の力の抜いたキャラじゃ通用しないのですよ、この集まりだと!(笑)



**


なんだかうっすら、元気のない私を心配してくださっている、
言い換えれば、
あいつなにやってるんだ、今。大丈夫なのか?
空気を最初はばんばん浴びながら(被害妄想)、
いろんな思いを抱えていた私。
Img_aa752cf553847b78658588327923e3cef8cb76a8
Img_20c6fa346ff8dc85450683890f1b2d449e73b7a7
せっかく写真がそろったので、お二人のことを。

久しぶりのS先輩 (Click!) とM先輩。
なんだかんだ、
なんだかんだ、とても仲良くしてくださったお二人。
なんとなく三人でいたことも多かったように思う。
(お一人お一人でも相当ご迷惑おかけしつつ、かまってもらいましたが。)

いつも理不尽なことばかり言うし、全然やさしくないけれど、
この日も、それぞれの心配の仕方で気にかけてくださっているのがわかって、
すごく嬉しかった。

何か質問してきてくれるタイミングとか、声の質とか、
無理やり大声でいじってくれる様とか。
酔っ払って全然覚えてないだろうけれど、酔っ払いながら一瞬真剣に私の話を聞いてくれるところとか。


私はこの三人でいるのがすごく好きだった。
このお二人にいじられていじめられるポジションがたぶん好きなんだな。
とことんだね、って言われそうだけれど。


5年くらいだろうか、
ほぼ毎日のように一緒にいて、
嬉しいことも悲しいことも、生きることの喜びも死にたいほどの辛さも一緒に味わった。
だから、なんとなくお互いの喜怒哀楽の感情なんて、いい意味でバレバレ・・・というか、伝わってくる気がする。

というか、
心の底の本音でしか付き合わ(え)ないな。
それは、このお二人に限らず。



**


自分の席の周りしか撮っていなくて後悔。
他にも大好きでお世話になった先輩や仲間が・・・・ご、ごめんなさい・・・!!!


本当は、一人一人特集を組んで語りたい。
某先輩が、だいぶお酒が進んでから、
「だいじょうぶーーーー?」
って、ハグしてくれた。

嬉しくてたまらなくて、
思いっきりハグし返した私。
色んな思いがぐるぐる。

ああ、私、
この先輩に、何度泥沼の真っ黒な世界から救ってもらっただろう。




利益のためだけじゃなく(だって結局利益なんてないに等しい)、
お客様のために、そして自分たちのために、
死ぬ気で面白い芝居をつくりあげる。
そんなことを一緒にやった仲間がいるって
幸せ。

今はみんながみんな、歩く道は違うけれど。


これこそ、
"priceless"
ってやつですよ!!!(笑)
Img_18d6fe898d6f83209e3d014d2493b7b20505d33d
Img_c7a86af968e1631156349dcb0af1995e318babc9
Img_75473a3948f0c3f035a2e6caa09173244f9b0bab
自分でも、久しぶりの仲間たちの前で
どんなになっちゃうかなーってドキドキしていたけれど、
なんにも心配いらなかったです。

むしろ、元気。
なぜかこの日から、ぱっ!!!と、気分爽快。
すごく元気。
外出も全然怖くない。


私ここで生きてた!!!

って大声で叫びたくなった。

いろいろあったけれど、
いろいろあるけれど、
みんなみんな、
よい未来のためにこうなったのさ。
Img_27fd957d7337409cc1d67507948e0966ab392c03
体力のなさを実感。

焼肉臭い洗濯物をがつっと洗濯。

フイルムって、
大切な思い出をもう一回ぐわっと思いださせてくれる。
っていう時間を得られるから好きだ。
Img_da84c758e49123dc45a8773b2987cbf1d7c351bf
ちょっと元気のないニーヴ。
もう15歳8ヶ月。

ブラッシングを嫌がりすぎて、
獣医の先生に
「僕、シェルティーが汚いのが本当に嫌なんですよ」
って、診察台でブラッシングしてもらう始末。。。
(なので、今はきれいさっぱりきちんとしてます)
Img_1293129244250734feb3b1d3ed30ab4195670c89
すごく気持ちよさそう。
Img_fac336dc622f2e370d4f0871058371a953bf331f
Img_808ae8b0121f3abe988eafa7219f55920a09d116
休みの日の顔。

平日はとても楽しい。
休日は混んでいて、最近はあまり行きたくない。
Img_8c4ff4f41b90ed45f9d516e3d6adcd1a77504af0
Img_47b7a14aa36593cad5156954f5d1fc60785bf150
はっとするほど美しかった。
Img_1d88f7178f96e238decfd7e7d6386499bb9a77ca
街中がそわそわしてる
Img_07c8a965b5b9fa5a4923a5bcaf428132a948fbca
良い子も悪い子もメリークリスマス!
Img_b73575c7de455f96e801e88e3b8e657c33b3b90b
高校の定期演奏会へ

予想通りの3時間越え。
でも、
でも、
予想以上の、
いや、はるかに超えた素晴らしい演奏会だった。

先月に放送された、某吹奏楽の旅のTV効果もあったのか、
3回もあの川崎の駅前のおっきなホールで定期演奏会をやったにも関わらず、
満員御礼。
客席には、色んな制服で溢れてた。
(帰りに、関西からのマイクロバス2台にのった某高校生たちもいた)

卒業してから久しぶりに観に行こう。
って仲間に誘われたのも、TVで見て色々思い出したから。
っていうのが大きい。
から、TVってすごいな、やっぱり。


**


間に出られていたゲストの先生もおっしゃっていたけれど、
高校生のステージで(なめてるわけじゃないんだけど)、
定演のクラシックのステージで、感動して泣きそうになった。

そりゃね、
確かにTVで見てたから。
曲も聴いてたから。
っていうのもあるけれど、
そして、きっと全国大会の演奏会のほうが技術的によかったかもだけれど、
(とか、自分もやっていたからこその、わずかなあれやこれやを考えちゃうけれど)
でも、
素晴らしかった。
ブラボー!!!
って、高校の定期でブラボー隊(笑)が!?
ってびっくりしたけれど、とても自然だった。

私も音楽をやってきたものとして、
多少なりとも色んなコンサートを聴きにいくけれど、
終わったあとの拍手がなりやまなくて、
———あの、観客が、うわっと心から拍手している独特の様?音が伝わってきて、
拍手にも泣きそうになってしまった。




あの拍手を受けたあの子達は、
これからどうやって生きていくだろう?
Img_e4e695648e05153d50412f68aa90aaa214328197
そして、定期演奏会といえば、ポップスステージ。
正直「長いんだろうなー」
って構えて行ったけれど、
もう、”パフォーマンス”としてすごいことになっていて、
先輩、完敗っす(笑)。


"すごいことになっていて"
という適当な言葉しかいえない。

ダンス、歌は当たり前。
日本舞踊の師範とかの保護者さんがいるんでしょ?っていう、完璧な動きをつけた演歌。
(これ、すごかった。そこらの若手俳優なんて目じゃないね。ってくらい、本当にきちんと動きが身についていた。)
・・・今年はなかったけれど、手品とか一輪車とかも出てきたりする。なんでもあり。

はぁぁぁ。。
お腹いっぱい。


**


"自分があそこにいたのだろうか"
って思った。

けれど、どう考えたっていたのだ。
それが不思議。


はじめの一歩だった私たちはコンクールの都大会さえいけなかったのに、
三年生の最後の最後で、パフォーマンスでグランプリをとれた。
その時も面白いなぁ。って思っていたけれど、
それが10倍くらい洗練されて、
”観れる”
ものになっていた。

すごいなー。
って思いながら、

あ!あの動き、うちらのときと同じだね!
とか、端々に自分達のものが受け継がれているのを感じて、
なんていうか、
なんていうか、
なんていうか、
言葉が出て来ないんだけれども.........


**


コンクールに向けて、高校生達はみんな血のにじむような努力をします。
だから、
コンクールの曲って、プロが録音したものより、最終的に上手くなるんだ。
って高校生のときにいわれました。

今回聴いて、本当にそれを感じて嬉しかった。
プロの演奏ももちろん素晴らしいんだけれど、
でも、何ヶ月もみんなで心を合わせて血のにじむような努力を重ねたのって伝わってきて、
たぶんプロがもっとハイレベルな演奏をしたとしても、
何かが上回ってしまうと思う。

そんな演奏って、音楽ってなかなか聴けるもんじゃないから、
そして、もちろんコンクールが全てじゃないし、
みんなで作り上げた素晴らしい定期演奏会を聴かせて、見せてもらえて、
ありがとう。
って、心から言いたい。
Img_f2c6c4096872555e56d77b9f87be126ecb0f0638
まあまあまあまあ、
元気ないなら出ておいでよ。

っていう友達の声にひかれて横浜へ。


電車にのって遠くに行く勇気も自然と出て、
暖かいショウガ紅茶を水筒に入れて。
Img_13cdf808925701baf7f97b826bad9066e528d1fa
横浜美術館でドガ展をふらふらと見て、
待ち合わせ場所へ。

パシャパシャ写真撮っていたら元気になるから、
私って本当に単純。
あれだけ元気なかった気持ちはどこにいったのだろう?
Img_7f742159fe8de1330f1a0d91cf57c5e7c43aec6d
Img_229599b34c344249281eaac88e9b609828129edd
プレゼントした、
バラ?椿?の髪ゴムをつけてくれていて、
嬉しくてぱしゃり。

こんなふうに呼んでくれて、
夜景きれいだから!
って連れて行ってくれて、
それでもって、私があんまり普段しない”女子トーク”なるものを、
ふんだんに話して。

感謝感激です、ほんと。

ありがとう。
Img_9458e85c210c82f3d74b85b3972d5e63323617b1
さよならこっしーさんの会。

いつでも会えるって思いすぎていたな。
時間は流れるし、立場は変わっても、
そばにいることは変わらないと思ってた。

まったく淋しいという空気は流れない楽しい会。
明日も会う。
ようなノリで、高円寺のホームでばいばいした。

会いに行こうと思えばすぐに会いに行けるけれど、
遠くて近くて、近くて遠い。



こっしーさんのおかげで、どれだけ色々なことが救われただろう。
独特の性格で、大好きっす。
いつかこっしーさん展やりたいんですよ。
って、ノリノリで怪しい計画を熱く語っていたこともあった。
個人的には、本当にいつか実現したい。
(内容未定すぎるけれど...笑)

良い未来が待っていますように。
Img_a05dfce3e9cd64ed43021f9ada24a67a53376f06
さらば2010年。

今年は、生きてきた中で一番辛い年だった。
いや、去年と今年か・・・。
おおげさ、ですが。

最後の最後に熱まで出て寝込みましたが、
私は負けないよ。

ありがとう2010年。
世に言う大殺界とやらも今年で終わるらしいし。
辛かったといいつつ、
いい出会いがたくさんあった年だった。
世界が変わった年だった。
ウェルカム2011年。
来年からもっともっと図太く生きて行くよ、私。