Img_0f62539263b7555bae719f3ceadb4a3075ff5364
この写真、ぼけてるのですが、
iPhoneの待ち受けにしていて、見るたびに心がなごみます。
ふくふく♡♪

ご無沙汰更新ですみません。
のんびり再開できたらなぁ。と、思っています。

**

さてさて、
つぶやきでもつぶやいていましたが、
アレな話しですが、
ピルの効き目にびっくりな日々。
月の半分くらい苦しんで、悶絶していた私ですが、
飲み始めたら、あらびっくり。
何これ?っていうくらいPMSもなくて、平和ーーーな日々を過ごせました♪♪
わーい!

と、つぶやいていたら、色んな女の子から反応を頂き・・・
やっぱり気になっている子、辛い子、たくさんいるのですね。
私の挑戦の様子を伝えていた女の子2人が、
私のハッピーぶりを見て?(笑)飲み始めたようで、
人によって違うから・・・と思いつつも、上手く薬と付き合っていけたらいいなぁ。
なんて思う日々でした。

**

そしてそして・・・
悩んだけれど、自分の為に書いてみます。

ここ数年、具合が悪いと言い続けていた私。
女の子のバランスのあれもありましたが、何だろう何だろう。
と、いくつもの病院を回っていました。
元から胃腸が弱いのもあったので、胃腸の薬を飲んだり、血液検査したり・・・

でも、どうしても原因がわからなかったのです。
内科の先生に、自律神経が揺らいでいるんだと思う。
みたいなことを言われて精神科とか心療内科に行ったり。
それでも、なんとなく怖くて、薬を飲んだり飲まなかったり、よく分からなかったり。

実は舞台にのっているときも具合が悪くて。
休みたいと言っても休めない状況、極度のストレス、精神的に追いつめられて・・・
の中、舞台だけは死んでも楽日までもたなければ。
と、薬を飲み、病院を回り。の生活をしていました。
本番中も吐きそうになっていたのを覚えています。

で。
書き始めると長くなるので、いつか書くとしてショートカットをだいぶして書くと、
舞台を休み、
仕事を辞め、
スキルアップするぞー転職するぞー!!!
と、なったときに、バタンキュウ。
と、なりました。

考えてみれば、仕事だけのときも、毎朝の満員電車&一人店番の中での猛烈な腹痛と吐き気。
色んなことを引きずって精神的に不安定・・・
で、振り返れば、よく仕事を毎日していたなぁ。と、思います。

転職するつもりが、
仕事どころか、隠れていた長年の疲れがドバドバドバっと出て来て、
体調不良で、どうにも動けなくなり。
原因不明の吐き気、ほてり、過敏性腸炎・・・・・・
で、すぐ良くなると思いきや良くもならず。
の、生活になってしまいました。

何より困ったのが、
電車に乗れなくなったこと。
そして、具合が悪くなる波がくると、うわーーと、動けなくなること。

病院を回ったりなんだりする中、
自分でどうにかできることはしようと、
ちょっとずつ電車にのる練習をしたり、
なるべくお散歩したり、
腹式呼吸をしたり。

治って来たかなー?
電車もだいぶのれるようになったし♪
と、いう最近だったのですが、また発作が・・・(2つくらい前の日記)

で、
新しい病院に。
病名は、予想通りだったのですが、パニック障害 (Click!) 
というものでした。

ご存知ですか?

パニック。
といっても、あばれるわけではなく(笑)
うわーーーーっと、発作が起きると、
私の場合は動けなくなるし、
汗が出たり、吐き気、どうしていいのかわからない、苦しい、
死にそうな気分になる・・・
というものです。(文字で表現するのが難しいのですが、どうにかなっちゃいそうな恐怖というか。。)
人によっては救急車で運ばれて、色々検査を受けるけれど何にもない。
ということがよくあるらしいです。

発作の他に、予期不安という”発作が起きたらどうしよう”
という気持ちから、本当に具合が悪くなる。というものもあります。
あと、人がいっぱいいるところが苦手になったり、
レジの長蛇の列に耐えられなかったり。。

電車に乗れなくなったのも、パニック障害の典型的な症状みたいです。

今は、病名が分かったので、逆に気持ちが明るくて♪(笑)
副作用でちょっと苦しくてぼーーーっとしているときもあるけれど、
お薬飲んで、仕事何しようかなー?と、親に甘えまくっている日々です。

高校時代から突っ走ってきて、料理もろくにできない私だから、
暇がいっぱいで料理したり、お菓子作ったり、編み物したり、
ある意味贅沢な、良い時間を過ごしています♪

文章がなんだかまとまってなくてごめんなさい。
そんなこんなで、お薬でぼーーっとして、日記を半月くらい放置してしまいました。

**

基本的には、あんまり出かけられないけれど元気です♪
心配してくださる皆様みんなにハグしたいくらい元気です♪(笑)

健康一番。
色んな病院回るのも大切。

そして。
こんな私を支えてくれて、病名を言ってもまったく動じない、
細やかに支えてくれる、大切な人たちに感謝です。