Img_55b1b2569dec34362c720349f44e37b1ecce02a1
休憩終わりっ!


**


皆様お元気でお過ごしですか?
皆様のご多幸とご健康をお祈りしています。


何があっても太陽はのぼってくるって、
美しく、恐ろしく、幸せなことだな。
と、毎日思います。


私は私らしく、後悔しないように動きたい。
だって、

"生きてるから"

と、地震があってから改めて思います。



ありがとうをあなたに。



(そうそう、地味にtopページの細長画像をランダム表示にしてみました♪N氏、Thanks!)
Img_af6c10096295fbe0c39b21bc736af3b27dbde3b6
おばあちゃん。
もう、きっと私が誰だかもわからないおばあちゃん。


福島で生まれた父方のおばあちゃん。
久しぶりに会いに行きました。

車で1時間半くらい。
東京の西の方へ。
途中で妹を乗せて、父と3人で。

運転は私です。

そう!
なんと運転も出来るようになってきました。
すごい!
不安感がないのです。
お薬さまさま?(笑)

なんて、
お薬がやっと効いて来たのもあるし、
大好きな方々のおかげだと思っています。
まだまだ波があるけれど、最近は焦らなくなってきました。


久しぶりのおばあちゃんの手は、
当たり前だけれど、小さい頃から握っていたおばあちゃんの手で、
しわの一つ一つが懐かしくて、
ずっと離せなかった。
おばあちゃんは、嬉しそうにずっとにこにこしていた。
あら、良い表情!!ってヘルパーさんが言ってくれて嬉しかった。
ずっと離せなくて、離さないでいてくれて、
私と妹の手をさわって確かめてくれて、
心がいっぱい。

地震から、当たり前だけれど出来なかったこと。
を意識してやるようになった。
お仏壇に毎日手を合わせるとか・・・(情けない。ご先祖様すみません...)



地震から、色んなハグルマがぐるぐるまわる。
きっと皆さんもそうなのかな?
って思っています。

私は、この先どんなにハグルマを回して行ったとしても、
心底辛いときにも、相手への思いやりを持てる人になりたい。
一つ一つに感謝と愛を持てる人になりたい。

それだけは、本当に。
Img_2a113c62eca8f43890cb2f47a138f5623cdc1958
その後、祖父のお墓参りへ。

妹にlomoを貸してみることにした。
フイルムはリバーサル。
久しぶりにクロスプロセスをやろうって勢いで入れたまま。

半分は私。
半分は妹。
どんなものが出来上がるだろう。
Img_f502b50363d2585b8600536d2dd7c370243c4792
Img_f86b0b62ff6af5ce7cab985863c7381479ea8f22
こんな眺めのいいところにお墓をたてたおじいちゃん。


祖父は、みんなが嫌がることを率先してやり、
みんなから慕われていたらしい。
そして、とても先見の明があったと思う。
(そういえば、今思うと祖父のお葬式はたくさんの人がいらしてくださった)

そんなことを初めて父から聞きながら。

お墓の土地代や何やらの値段に妹と驚愕(笑)
世間知らずの妹と私。

**

ところで、
我が家系、特に他に本家の方々?がいらっしゃるのだろうな〜。
って思っていたら、意外にも独身の方が我が祖先のお墓を守って下さっているらしい。
そして、順番で考えると次ぎに継ぐのはなんと父。
・・・と考えると、
長女で妹しかいない我が家は私が継ぐことになるのだろうか。

と、28になってふと思った今日この頃。
まあ、
ねえ。

(頑張れ私!)
Img_0490e73c25a532adb3f2f5d9562c0970b2b06703
自分の弱虫さ加減に腹が立つ。


高校の卒業間近の授業は、自由選択制だった。
面白いおじさんの国語の先生がいて、私は喜んで授業を受けていた。
その先生の最後の授業で、何書いてもいい。好きなことを書け。
と言われたので、その時の素直な迷いの気持ちを書いてみた。
誰にもなんとなく言えない、18歳の私の迷い。

先生の長いコメントが忘れられない。
未だに大切に残してある。

ダチョウは、自分に危機が迫った時、砂に頭を突っ込んで目の前の危機を見ないで逃げてしまうそう。
人間もそうなりがち。
でも、君は目をそらさずに生きて行くんだろうね。

というような文だった(とても省略)。
その時、
楽器の才能ないかもしれないけれど、でもやる気はあって、負けたくなくて、
周りの人みたいに大声で、そういう夢を言えない自分に悩んでいたのだけれど、
このまま頑張ろう。
私らしく努力し続けよう。
自分と戦って行こう。

って思うことが出来た。

さて。
そんなことが出来ないときもある。
と、分かっていながら、
最近の私はベストを尽くせているだろうか。
もし明日死んでしまうとして、
後悔しないだろうか?

と、
目の前に砂に頭を突っ込んでいる自分が見えてくる。

せめて、
後悔したくないことだけは、
隠れていたくないのに。


弱虫な自分に腹が立つ。
Img_00b5f3291659e9b5fc8c24bb194e5188c0237a86
最近は直感でしか動けていない。


**

この間、アロマのお店 (Click!) で店員さんにオススメされたセラピーに申し込んで行ってみた。
オネエ系の方なんですけれど、すごく優しいですよー♪って。
40分間個人カウンセリングで、飲むフラワーエッセンスを選んでくれる。
というもの。
そういうの行かないタイプなのだけれど、直感で、GO!
Img_3ecfca2cac0830f8dce915b43bb64993602b6bad
ウォーターバイオレット (Click!) 
というエッセンスを選んでもらいました。

白湯に数滴。
ほっとして、すごくここ数日よい気分です。
ニールズヤード、色々な商品があってオススメです♪
セラピストはTO-RUさん (Click!) 
すっごく面白かったです。

なんていうか、直感で話せる人ってなかなかいないから、
話しが早い・・・というか通じやすい。
だんだん、
「あんたは、よく言えば純粋。悪く言えば子供よ子供。おこちゃま。おほほほほほ!」
というテンションに(笑)
「でもね、あなたは笑顔がいい。素直そうだから教育のしがいがありそうだし。おほほほほ!」

ああ。
良い体験。

そして、ウォーターバイオレットの効果の文が、
実に私を表していて恐ろしい(笑)
基本的にはどこでも行くし、誰とでも仲良く出来るけれど。
Img_c9f5235abcfa21cd2a15a33d8c7ee4f3b6fa3522
今行っている病院の先生は面白い。

私の性格もあるのか、途中から雑談になってくる。
進路相談とかもしてみたりする。
一応真面目に考えて相談してみたりするのだが、

先生の考えた答え。

前回「アジアのどっかに行って、女スパイ」

今回「占い師」

果たしてどこに私は行くのだろう。
良い先生ですよ。ええ...
でも、多分半分くらい本気で言ってる、この先生。

私、先生と話しながら大概は大笑いをしているので、
他の患者さんとか看護婦さんに、本当に病気なの?
とか思われてそう。
なーんて。


「先生、本が集中して読めないんですよ〜」
「まだもうちょっとの我慢だよ〜」
ですって。
poco a pocoですね。
お薬に頼りすぎず、とりあえずヨガを初めてみようと思います。
Img_660e0ec38e8c6cf91a1b77ab4844daf97179796f
真夏と同じかっこをしていた。


**


新宿に行けた。
一人だったら無理だった。
案の定、ちょっと人と離れると少し辛かった。
でも、大丈夫。
近くにいてくれたし、すごく楽しかった。感謝。
うきうきたくさんカメラを見れたし、放置していたデジ一もいじってもらったりして、
これからもっともっと撮りたい。って思えた。

わーい!
って、子供みたいに叫びたい。
Img_6e1f1eaa5f065178737a34cf505e755aa548d565
Img_5d5e6388cc60cba1ab49128dbb491c8481cbf3cd
Img_9579a25c029f2cfda5b049e575dabab1c83ebff5
レンブラントとカレーと電車。




一人だったら絶対こられなかった、
レンブラントin上野。
Img_b0ad6211f4f108bfa6736e6b5aa76fbcbf9dd9ad
パニック発作は、なった人を見たことある人しかわからないものかもしれない。多分。

もう発作は起きないけれど、
この不安感はどう口に表せばいいのか。

そういうのを分かっている方(見たことある方)といると、とっても安心する。
これは親しい親しくないとか関係ないのかもしれない。
だから、
親しいのに緊張して遠くに行きたくない気持ちになってしまったり、
逆に具合が悪くなったり、
電車に乗りたくなくなったりすると、とても申し訳ない気持ちになる。
ごめんなさい。
どうしてそうなるか、その感覚も、上手く言葉に出来ない。


**


久しぶりにデジタルで撮っています。
すぐに影響される私は、デジ一のカラー?をカスタマイズしてもらいつつ、
その方の影響をガッツリと受けて、結局白黒撮影ばかり。
(そして、レンブラントの版画の光と闇の影響を私なりに噛み砕いて今日はこんな感じの写真で。)

カメラ話と勢いと。
連れて行って頂いて、本当に光栄でした。

誰とでも、そして、一人でも行けるようになりたいな。
Img_0743089db7d2430469723f4e75f5fa4801aa19f6
行くから。

って、妊婦さんなのに、いつも助けてくれる彼女。
高校時代からの大切な友達。
Img_741b05f1b2eddc886c08ca765750a89bb26c3ecb
Img_4fe91ca3bc6e82218ba4be30f8f64d431ea951bc
Img_cf046db094261be683c7dbfcf75cabcbf1cd1762
みんな遠いのに、私の地元へ集まってくれた。
木管低音パートの同期。というマニアなメンツ。
(Bass cl, Alt cl, Faggote)

妊婦さんなのに来てくれて、
そしていつの間にやら編み物教室に。

なんだかんだ横目で見てたH君は編み物男子になるのかしら。
(次の日、某毛糸屋から電話をかけて質問してきた彼。Welcome to Amimono world !)

みんなみんな、ありがとう。
(あとMゆみちゃん。。ぶれてて写真がなかった、編み物写真ばかりでw・・・ごめん!)