●染めている人

武田 久美子 Kumiko Takeda

1979年東京生まれ。
多摩美術大学テキスタイルデザイン学科にて、染色技法の他、シルクスクリーンプリント技法を専門に学ぶ。
テキスタイルの技術を生かしながらの舞台衣装デザインに興味を持ち、卒業後にロンドンへ渡英。

London College of Fashionの衣装デザイン学科で、デザインを始め、服飾のパターン、製法、服飾・舞台史など学ぶ。
引き続き同校の大学院にて、より専門的、技術的に、ステージ上での衣装の役割や効果を模索するようになる。
大学院卒業後から本格的にキャリアをスタートし、現在までにグローブシアター、バービカンシアター、ノッティングヒルカーニバルなど、演劇、ダンス、その他様々なパフォーマンスのために衣装デザイン、制作をしている。

2012年3月から拠点を日本に移し、ミュージックビデオの衣装制作や、ヘアーショーTWBCの衣装制作など活動の場所をひろげている。

 (Click!)